国際ヨーガ・デイズ

6/21は国際ヨーガ・デイズ✨

2014年国連によって制定された国際的な記念日です。
いろんな国、いろんな人種の人々がヨーガを行う日になるでしょう。

国際ヨーガ・デイズにちなみ、安曇野でもヨーガ療法士が集まり
6月17日(土)に「チェルノブイリ被ばく者の子供たちに胃カメラを送ろう」という主旨でチャリティヨーガを行います。

日本ヨーガ療法学会では、2009 年1 月より、ウクライナのキエフ市内において、ヨーガ療法ボランティア活動を行っています。チェルノブイリ原子力発電所の事故で被災し、それ以降、様々な体調の不良でずっと苦しんでいる方々にヨーガ療法を教えて欲しいという要望から始まった活動でした。2010 年からは医師の主導の下、ヨーガ療法の医学的効果に関する調査研究が実施され、2013 年3 月に研究は終了し、現在、その良い結果を発表する準備が進んでいます。
私たちがこの2年間行ってきた「国際ヨーガ・デイズ」チャリティーヨーガ募金では毎回400万円近い金額が寄せられてきた実績を踏まえて、2017年と2018年の2年間に渡れば、総額1千万円にもなるこの医療機器をあるいは寄付するという決断です。どうか皆様におかれましても、この2年間にわたるプロジェクトに是非ご協力下さい。

0 件のコメント: